ブログ

足がつる…夜中に起こる「ふくらはぎの痙攣(こむら返り)」の対処とは

Pocket

夜中に起こる『ふくらはぎの痙攣』

これ、ツラいですよね

 

image

 

足が冷えて固くなっていたり、お酒の飲みすぎで鼠径部を圧迫していたり、Ca不足だったり…様々な原因が考えられますが

東洋医学では全ての不調は「気・血・水」のバランスがくずれたことで起こると考えられています。とくに足は心臓から遠いところにあるため、血(けつ)の不足によって起こるとも言われています。血は栄養を運ぶものですが、気や水がないと血も巡りません。

鍼灸治療では「ふくらはぎの痙攣」に対しても、足だけでなく全身調整を行っていきます。

しかし

夜中に突然

もしも、なってしまったら…

 

 

 

【知っておくと便利なワンポイント】

 

◆筋肉を伸展させる

息を吐きながらゆっくりふくらはぎを伸ばします

◆筋肉のツボ「陽陵泉(ようりょうせん)」を押す

膝の外側に少し飛び出た骨があります、そのやや下のあたり。

image

◆漢方薬の「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」飲む

筋肉の急激な緊張をゆるめ、痛みを和らげる働きがあるので、枕元に置いておくといざという時に役立ちます。

image

他にも普段から血行を良くする・食事でCaを取る…なども大切ですので、自分自身の体調管理しっかりして体ケアをしていきましょう!

 

 

今日はぐっすりと眠れるといいですね♪

 

 

 

 

詳しくはこちら▶目黒区美容鍼灸/柿の木坂Shemoa

Blog

Shemoa

〒152-0022
東京都目黒区柿の木坂
1-4-3-102

完全予約制
TEL: 03-6421-1284
※施術中は自動音声にて
対応いたします
ご予約はこちら

エステバイキング 全30種受け放題

燃焼系痩身エステで魅惑の美ラインへ